SEBAGO

1946年にSebago社はニューイングランドの3人の先住民と友人Daniel J.Wellehan Sr.William BeaudoinJoseph Cordeauによって設立されました。
彼らが最初にリリースした靴はハンドソーンのペニーローファーでした。ペニーローファーは人気のあるインディアンモカシンよりインスパイアされました。

同社独特のウェルト構造は特許を取得し大成功を収め、その品質とスタイルの基盤を確固たるものとし、Sebago社は急速に拡大を始めました。Sebagoは現在のシアーズとモンゴメリー地区で販売されており、1954年までに生産1,000,000足を達成致しました。その後、50年代から60年代にかけて、Sebago社はウィメンズモデルを含む様々なシューズを発表する事でコレクションを拡大し、世界展開を本格的にスタートしました。

現在では、クオリティに細心の注意を払いクラシックなスタイルのルーツを維持しながら、Sebagoコレクションはブーツ・カジュアルシューズといった様々なモダンなスタイルの要素が組み込まれています。優れた品質を尊重しながら、ブランドの継承を維持する事で新たなコラボレーションやブランディングしていくことで新しい製品を活性化して、常に新しく若い消費者を惹きつけています。

【アイコン】
1970年-Sebagoは世界で最も有名でアイコニックなモデルである“Docksides”というデッキシューズをリリースしました。本物のハンドソーンのモック構造、スリップ防止のラバーソール、真鍮のアイレットで知られる象徴的なシルエットの“Docksides”は、瞬く間に世界中の男性・女性・子供の幅広い世代に広がりました。

Citysides
1946年の誕生以来、最高の職人技で縫製されたクラシックローファーは最もクラシックで象徴的なCitysidesラインとして展開されています。Citysidesは、最高のマテリアルと優れた造形を通してニューイングランドの伝統として輝いています。飽くなき好奇心と探求心がCitysidesの素晴らしいフィッティングとディテールを提供し続けています。Citysidesを履くということはSebagoの歴史とスピリットに触れるという体験です。

Docksides
Sebagoルーツである海からインスピレーションを得てデザインされたDocksidesは、プレミアムボートシューズラインです。
Docksides1970年に発表されました。それ以来常に海・空・太陽、そして冒険の象徴として世界中で愛されています。軽量で耐水性があり、スリップ防止のラバーソールを装備したその機能性は優雅ですらあり、決してカジュアルだけにはとどまりません。

Campsides
Campsidesの新しいカッティングとステッチングはSebagoの伝統に現代的なシルエットもたらしました。
カントリーサイドでの生活に対応するため開発されたCampsidesは、都会とは違う環境に適応し、カントリージェントルマンに信頼と快適、最高のクオリティを提供します。

SHOP NOW