MANRICO CASHMERE

Manrico SpAはカシミヤ素材を専門とした企業として1992年に設立されました。創業当時より一貫して全て Made in Italyに拘って生産をしています。

1998年に原毛から完成品までに至る全てを一貫して研究開発していく生産プロセスが開始されました。
-可能な限りの最高品質の素材開発
-革新的なカシミヤ製品の生み出す
この2つの理念を掲げて、研究はスタートしました。

2000年代に入り、カシミヤの研究は広範囲に渡って行われるようになりました。

特にカシミヤだけが突出して持つ温度調整機能と素材本来の柔軟性と軽さという大きな特性への研究に注力がされました。その結果、Manrico社はカシミヤ分野における独自のノウハウと技術を蓄積していき、名だたるメゾンブランドとの協業も増えていきました。

2016年、ニューヨークのマディソンアベニューにあるMANRICO CASHMEREの路面店にて新素材“Supercashmere”を発表しました。

  • Supercaschmere

Supercashmere”の性質は次の要素の組み合わせで構成されています
-常に最高の品質管理をされている環境で育った最高の原毛の選択。
-原毛を、繊細でありながら強度と柔軟性を持った最高の糸に仕上げる紡績術。
-最高の快適性を持つ様々なプロダクトを生み出す編みや織りや仕上げの技術。

 

Supercaschmere”の原毛はカシミヤの中で世界一希少とされているアラシャンカシミヤの中でもホワイトカシミヤの原毛のみを使用しています。カシミヤ本来の柔軟性とManrico社の特許技術である特殊な紡績技術を用いて糸の段階からストレッチ性を持たせ、“Supercashmere”専用に開発した編立て方法を用いて製品を作成していきます。

そうして生み出された商品は天然繊維でありながら抜群のストレッチとキックバック性を持ち合わせた、世界に比類無い唯一のニットとなります。

かつて存在しなかった新しいクオリティと安定性を持ちあわせた“Supercashmere”は「カシミヤの新しい時代」をスタートさせました。

 

SHOP NOW